ハーモニーボール

ハーモニーボールとは?

古代ケルトの瞑想に使われたドルイドベルが起源とされています。
現在ではメキシコを中心に製造されており、
金属ボールの中にオルゴールの櫛歯の様な音域の違う発音体を内蔵し、
そこに鉄片を転がす事で神秘的な音色を奏でる構造が継承されています。

耳元で軽くふってみると、小さなボールからシャランシャランと心地よい音色がしてきます。
ハーモニーボール、オルゴールボール、メキシカンボラなどとも呼ばれ揺れるたびに美しい音色を奏でる不思議なボールは 、
その美しい音色から「天使のささやき」と呼ばれています。

海外ではおなかの中の赤ちゃんに聞かせるために長めのネックレスに取り付け
妊娠している女性へのプレゼントとして知られています。
妊娠中はお腹にいる赤ちゃんとの、美しい音色のコミュニケーションとなり、
生まれてきた赤ちゃんには、お母さんのお腹にいた時の安心感を与える音色と言われています。

ネックレスとして身に付けるのはもちろん、ストラップやキーホルダーとしてもオススメです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5